長崎市のホテルの壁紙(クロス)張替え

こんにちは。

長崎壁紙(クロス)張替え職人 代表 松下です。

3月も後半に入り、新年度へと向けて

みなさまバタバタされているでしょうが

焦らず、体調を崩されたり

事故にはくれぐれも、お気をつけください!

 

それでは早速ではございますが

本日ご紹介させて頂きますのは

「ホテル 壁紙(クロス)張替え」

工事になります。

 

現場は長崎市あります

ホテルセントヒル長崎になります。

 

今回の施工内容としましては

現在、ロッカールームのお部屋を

壁紙(クロス)を張替えて

授乳室へと変更したいとの

ご相談内容でした。

 

早速、詳しいお打合せを行わせて頂き

壁紙(クロス)の張替えを

ご提案させて頂きました。

 

まずは施工前をご紹介させて頂きます。

こちらが施工前の状況になります。

壁がコンクリートという事もあり

既存の壁紙(クロス)の

継手部分から剥がれてきており

また壁紙自体の破れや汚れ

劣化が目立っております。

 

コンクリート面は

クロスの接着剤の接着性が弱く

年数に応じて剥がれが

出てきているかと思われます。

 

 

 

長崎壁紙張替え""

こちらが施工中の様子になります。

まずは既存の壁紙を

剥がす作業から入ります。

 

下地の状態の確認を

行いながら、凹凸が無くなるよう

パテと言います、穴埋め材を使用しながら極力

下地面を平たんに仕上げた上で

新しい壁紙を施工していきます。

 

この下地処理が肝心で

非常に重要な作業となります。

 

仕上がりを良くするも悪くするも

下地処理が重要となります。

長崎内装リフォーム""

無事に施工が完了致しました!

 

施工前は白の織物調と言われる

無地柄の壁紙(クロス)

を使用しておりましたが、

今回の施工で、授乳室となるため

色合いをクリーム色系統の

柄が少し強めの壁紙を施工させて頂きました。

 

柄が強い分、壁紙材の生地が分厚いため

下地の浮きや段差が目立ちにくいため

仕上がりが、とても綺麗で

壁紙の張替えリフォームには

最適な材料となります。

 

また既存の照明器具との相性も良く

授乳室全体が広く感じられる中に

壁紙の色が暖色系になったことで

実際に使用される方にとって

安心して使用して頂けるかと思います。

 

今回の施工で、授乳室を使用される

お母様・お子様にとって安らぎの空間になれば

大変嬉しく思います。

 

またホテルセントヒル長崎の

ご担当者様には大変お世話になりまして

誠にありがとうございました。

また今後とも宜しくお願い致します。

お問い合わせ

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。