長崎市でホテル客室の床カーペットの張替えリフォーム

長崎でホテル客室のカーペット張替えはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「ホテル客室のカーペット張替えリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

ホテル客室リフォームの施工前

こちらが施工前の状況になります。

まずはベッドや備品類を取り外し、施工に入らせて頂きます。

今回のホテル客室の床カーペット張替えの施工内容としましては、既存のカーペットがシミや表面の劣化が見られるために、新しいカーペットに張替えされたいとのご要望でした。

詳細のお打合せを行わせて頂き、詳しいことが決まり施工に入らせて頂きます。

今回の施工内容としましては、仕上げのカーペットにはシミや汚れが出来てしまった所を部分的に張り替える事が出来る、タイルカーペットを仕上げの床材に使用させて頂きます。

施工前の床は1枚の大きな絨毯ですので、汚れの部分を局所的に張り替えるという事が出来ませんでしたので、メンテナンス性を考慮してタイルカーペットにて施工させて頂きます。

また今回は、床を歩いた際に柔らかいソフト感を出すために下地にクッション材を張ってからのタイルカーペットの施工となります。

施工中

客室の床の剥ぎ取りの施工中

既存のカーペットの剥ぎ取りが完了しました。

剥ぎ取りが終わるとコンクリート面が見えますので、新しいカーペットを張る際にゴミや石などが入ると、仕上がりがボコボコしたりと支障が出ますので、掃除機を使用してコンクリート面を綺麗に清掃した後に、新しいカーペットの施工に入ります。

ホテル客室床の下地の施工中

まずは床にソフト感を出すための専用のクッション材を、専用接着剤を用いてコンクリート土間に施工していきます。

この専用のクッション材を張る事で、床を歩いた際にふかふか感を作り出すことが出来るため、床に高級感とやすらぎを感じて頂く事が可能です。ホテル客室床の下地の施工後

コンクリート土間全体に専用のクッション材の施工が完了致しました。

次に仕上げのタイルカーペットの施工に入ります。

ホテル客室の床の仕上げ施工中

クッション材の上にタイルカーペット専用の接着剤を塗りながら、仕上げのタイルカーペットの施工に入ります。

施工後

ホテル客室床の張替えリフォームの施工後

無事に施工が完了致しました。

タイルカーペットとクッション材の二重構造で床はソフトに仕上がり、ブラウンの新しいタイルカーペットで客室全体の雰囲気が引き締まり、重厚感ある客室へと変わりました。

タイルカーペットは「タジマ」のタイルカーペットを使用させて頂きました。

ブラウンに黄色のアクセントストライプが入っているため、更にアクセントになります。

ご担当者様にも大変お喜び頂き、嬉しく思います。

お問い合わせ

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 
オンライン相談のご予約はコチラ