長崎市でO様の戸建ての内装クロス(壁紙)張替えリフォーム

長崎でクロス張替えはお任せ下さい!
長崎壁紙職人 代表 松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂いた「木造戸建て壁紙張替えリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

内装壁紙の施工前

既存のクロスですが塗り壁に直接クロスが張られているため、塗り壁がクロスごと剥がれ落ちています。

今回の壁紙リフォームは、まずは何をするにも下地処理が大切ですので剥がれ落ちたクロスを剥ぎ取り残っている塗り壁も綺麗に剥がす作業から入ります。

施工中

内装壁紙リフォームの施工前
残っている塗り壁を綺麗に取り除き、新しくクロスを張るために綺麗な下地を作っていきます。

既存の壁がしっかりしている場合はベニヤ下地でも良いのですが、今回は壁の状態が良いとこ悪いとこがバラバラですので「下塗りプラスター」と言います、下塗り材を左官職人によるコテ塗りにて、壁を平坦に仕上げていきます。

内装壁リフォームの施工中

この下塗りプラスターが乾いたのちに新しい壁紙の施工に入ります。

また下塗りプラスターが乾いた後に小さい段差を無くすため、きめの細かい「パテ」を使用して更に壁を平坦に仕上げていきます。

とにかくこの下地処理をいかに丁寧に施工するかで、施工後の仕上がりと耐久性が大きく変わります。

施工後

内装壁リフォームの施工後
無事に施工が完了しました。

今回のクロスは一般的に普及している「サンゲツSP」シリーズから壁紙をお選び頂き施工させて頂きました。

アイボリーの清潔感が明るくしてくれてます。

真っ白は少しまぶしい印象を受けますので、アイボリー系統をオススメさせて頂きました。

清潔感あるなかに柔らかく優しい雰囲気を醸し出してくれています。

お問い合わせ

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 
オンライン相談のご予約はコチラ