長崎市でY様の洋室の壁紙張替えリフォーム

長崎で洋室の壁紙張替えリフォームはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「戸建て洋室の壁紙を張り替えるリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

壁紙張替え前

壁紙リフォーム前

こちらが施工前の状況となります。

今回のお施主様からのご相談内容としましては、洋室の壁紙に全体的に黄ばみが出てきており、気になるため壁のみ壁紙を張替えられたいとのご相談内容を頂きました。

はじめにお施主様と共に現地調査を行わせて頂きました。

施工前の状況としましては、確かに日焼けなどによる「黄ばみ」が全体的に出ており、家具などの日差しが当たらない場所とで表面の色合いにもばらつきが出ております。

また壁紙に「黄ばみ」が出てくる原因としましては、ビニールクロスそのものの経年劣化により、表面強度が弱くなり太陽の日差しの影響により黄ばみが発生した物と考えられます。

今回は壁紙を新しく張替えさせて頂くという内容の壁紙リフォームを御提案させて頂きました。

壁紙の柄選びですが、「張替えリフォーム」の場合は新築と違い既存の壁に段差が生じていたりなども考えられるため、極力は厚手の壁紙をお選び頂く事をオススメしております。

段差や割れが生じている箇所が見受けられる場合には、しっかりとした処理を施しますが薄い素材のクロスはまれに施工後に下地の「筋」等が入る事もあるため仕上がりの綺麗さを考慮すると基本的に厚手のクロスをオススメいたします。

施工中

壁紙剥ぎ取り中

施工に入らせて頂きました。

まずは既存の壁紙を剥ぎ取る作業から入らせて頂きます。

カッターで軽く切れ込みを入れながら、古い壁紙を剥ぎ取っていきます。

剥ぎ取る際に壁の表面を傷つけないように、カッターを入れる際は注意しながら剥ぎ取り作業を施工していきます。

壁紙張り中

古いクロスの剥ぎ取り作業が完了した後に、新しいクロスを張る作業に入らせて頂きます。

剥ぎ取り後に壁の下地に段差等が生じている部分は、「穴埋め材」を使用して壁下地面を平滑に仕上げてから新しいクロスを施工していきます。

下地処理が完了した後に、新しいクロスを必要な長さで切り取りながら専用の機械で、クロスに接着剤を塗布していきます。

クロスの糊付けが完了した後に、新しいクロスを施工していきます。

職人さんの技術により、継ぎ手も分からないように正確に張られていきます。

壁の周囲はクロスのめくれ防止のため、専用のシーリング材を施工していき施工完了です。

施工後

壁紙リフォーム後

洋室リフォーム後

新しい壁紙

施工が完了しました。

今回の壁紙は「サンゲツ SP」からお選び頂いた、アイボリー系統の色合いに自然なゴツゴツした柄が入っており、厚手のクロスになりますので綺麗に仕上がり、お部屋全体も明るくなりました。

お施主様にもお喜び頂き、大変嬉しく思います。

お問い合わせ
※ご相談やお見積りで料金が発生する事はもちろんございません。また、しつこいお電話・強引な営業は一切行っておりませんので安心してお問い合わせください。
お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。
オンライン相談のご予約はコチラ