長崎市でT様のリビングの一面をアクセント壁紙にするリフォーム

長崎でマンションのアクセントクロスリフォームはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「マンションリビングの壁をアクセントクロスにするリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

リビング壁の施工前

こちらが施工前の状況となります。

今回のお施主様からのご相談内容としましては、リビングダイニングの壁の一面をアクセントクロスに張り替えられたいとのご要望を頂きました。

施工前の壁紙は天井と壁に同じ柄の壁紙が張られており、統一感はあるのですが少し寂しい印象も受けます。

そこで窓廻りの壁面をアクセントクロスに張替えし、リビングの雰囲気を変えていこうと思います。

施工中

施工の流れとしましては、まずは既存の壁紙を剥ぎ取る作業から入らせて頂きます。

剥ぎ取る部分にカッターを入れながら剥ぎ取っていくのですが、既存クロスの裏紙まで切り込まないように注意しながら剥ぎ取っていきます。

裏紙までカッターで切り込んでしまいますと、新しいクロスの接着剤の水分により裏紙が傷の場所から浮いてしまい、新しいクロスを張った際にクロスの表面にそのまま浮きが出てしまいますので、そういった事を避けるためにもカッターを入れるときは軽く表面のクロスだけを切るのが重要です。

既存クロスの剥ぎ取りが完了し、壁の下地に段差や筋などが無いかの確認を入念に行います。

生地の厚いクロスを張る場合は、あまり心配はいらないのですが生地の薄いクロスを張る場合には、段差や筋の処理をしっかりとしておかないと、新しいクロスの表面に段差や筋がそのまま浮き出てしまうため、こちらも仕上がりに影響を及ぼしてしまいます。

そこで壁の下地に段差や筋がある場合は、穴埋め材を使用して平滑に仕上げるか、部分的に切り取りボード等で補修するなどの下地処理を行う必要性がございます。

仕上がりの綺麗さや耐久性を左右するのは、やはり下地処理ですので特にクロス張替えリフォームの場合は、壁に劣化が発生している場合が多く、入念な下地処理が必要となります。

アクセントクロスの施工中

入念な下地処理が完了した後に、新しいアクセントクロスの施工に入ります。

クロス専用の接着剤を必要な長さに切り取ったクロスに均等に塗り、張り替える面に塗っていきます。

特に今回のアクセントクロスは生地が薄く、表面がツルツルしており、色味的にも接着剤の跡が白く残る可能性があるため、接着剤の跡などはかたく絞った布等で綺麗に拭き上げる必要がございます。

施工後

アクセントクロスの施工後

リビングリフォームの施工後

施工が完了しました。

今回のアクセントクロスは「サンゲツ リザーブ」よりお選び頂きました。

鮮やかなエメラルドブルーが爽やかで上質なリビング空間を演出してくれております。

天井照明と相まって更に雰囲気が良くなりました。

お施主様にもお喜び頂き、大変嬉しく思います。

お問い合わせ
※ご相談やお見積りで料金が発生する事はもちろんございません。また、しつこいお電話・強引な営業は一切行っておりませんので安心してお問い合わせください。
お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。
オンライン相談のご予約はコチラ