長崎市でK様の和室の塗り壁を壁紙に変えるリフォーム

長崎で戸建て和室の壁紙張替えリフォームはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「和室の塗り壁を壁紙に変えるリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

長崎市和室の塗り壁リフォームの施工前

こちらが施工前の状況となります。

施工前の壁は和室ですので、和風の塗り壁が塗られており表面は手で触ると砂粒が落ちてくる状態で、タンスを置いていた面がカビが生えてしまい、大きく黒ずんで見えております。

もちろん昨今の塗り壁は耐久性が強く、カビも生えにくい塗り壁に塗り替えるという施工方法もございますが、今回の和室のリフォームにおきましては、お施主様のご要望と致しましてお手入れや掃除のしやすい壁に変えられたいとのご要望を頂きましたので、今回の和室の壁のリフォームにおきましてメンテナンス性や耐久性に優れているビニールクロスにての和室リフォームをご提案させて頂きました。

まずは現状の壁がどれぐらい痛んでいるかの調査と、ビニールクロスの柄やお色のお打ち合わせを行わせて頂いた後に和室の壁のリフォームに入らせて頂きます。

施工中

和室の壁のリフォームのベニヤ施工中

早速、施工に入らせて頂きました。

今回の和室の壁のリフォームですが、現状の壁が塗り壁ですので水気に弱く表面がとても弱いため、直接ビニールクロスを張る事は耐久性を考慮すると難しいため、一度綺麗な下地を作るためにベニヤ板を塗り壁の上から重ねて張り、そこに新しいビニールクロスを施工していきます。

ベニヤ板を張る事で、新しいビニールクロスの接着性を強固にすることが出来るため耐久性を伸ばすことが可能です。

また現状の塗る壁に出ているカビが新しいビニールクロスに滲み出て来ることを食い止める事が出来るため、ベニヤ板を張るための費用は掛かりますが、長い年数にて安心してご使用頂けるお部屋へと変わります。

和室の壁のリフォームの穴埋め施工中ベニヤ板の施工が完了した後に、ベニヤ板同士の繋ぎ目や、段差を専用の穴埋め材で平滑に仕上げ綺麗な壁面の下地を作成していきます。

内装職人さんの技術により、丁寧に仕上げられていきます。

特にベニヤ板の場合は板同士の繋ぎ目の処理を丁寧にしておかないと、新しいビニールクロスを張った際に、ベニヤ板の継ぎ目の筋が出る事があるため、お施主様にご迷惑をおかけしないためにも下地処理は大変重要な作業となります。

穴埋め作業が完了し、穴埋め材の乾燥を確認した後に新しいビニールクロスの施工に入ります。

必要な長さを計測し専用の接着剤を付けて、壁に貼られていきます。

施工後

和室の壁のリフォーム完了後

和室の壁リフォーム完了後の壁紙

無事に施工が完了致しました。

今回、施工させて頂いたビニールクロスは「サンゲツSP」よりお選び頂きました。

真っ白ではないアイボリー系統の塗り壁調のビニールクロスをお選び頂きましたので、和室ですがビニールクロスを施工させて頂いても全く違和感なく仕上がっております。

和室全体も明るくなり、安らげる空間へと変わりました。

お施主様にもお喜び頂き、大変嬉しく思います。

お問い合わせ
※ご相談やお見積りで料金が発生する事はもちろんございません。また、しつこいお電話・強引な営業は一切行っておりませんので安心してお問い合わせください。
お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。
オンライン相談のご予約はコチラ