長崎市でI様のマンションの壁をアクセントクロスに変えるリフォーム

長崎でマンションの壁紙張替えはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「マンションの和室の壁をアクセント壁紙に変えるリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

マンションの壁の施工前

こちらが施工前の状況となります。

施工前の壁はコンクリートの下地に和室特有の塗り壁が施工されており、手で触れると表面がポロポロと落ちてくる壁となっており、お施主様としては落ちてくるのが気になるという事ですので、今回のリフォームにてビニールクロスに張り替えるというリフォームをご提案させて頂きました。

また今回のマンションの壁リフォームは、塗り壁に壁紙を直接張る事は可能ですが接着性が非常に弱く、剥がれ落ちてくる可能性が大きいため確実な施工という観点からも新しく壁の下地を製作させて頂いた後に壁紙の施工を行わせて頂きます。

施工中

マンションの壁の施工中

新しい壁紙の柄や、お色のお打ち合わせを行わせて頂き施工に入らせて頂きました。

まずは既存の壁に新しい壁の下地となる「石膏ボード」を張っていきます。

石膏ボードは新築・リフォーム問わずどのような住宅にも天井や壁の下地材として使用されている材料で壁紙の接着剤との相性も非常に良いため、壁紙自体の耐久性を上げることが可能です。

マンションの壁リフォームのクロス施工中

石膏ボード張り作業が完了した後に、ボードの継ぎ目を専用の穴埋め材で埋める「パテ」作業を行い壁面を平らに仕上げていきます。

内装職人さんの技術で継ぎ目を素早く埋め、真っすぐ平滑に仕上げるのはとても難しい作業です。

このような目に見えなくなる部分での下地作業をいかに丁寧に行うかが、新しい壁紙の耐久性や仕上がりの綺麗さを左右するため、とても大切な作業となります。

このパテ作業が完了した後に、パテ材の乾燥を確認した上で新しい壁紙を張る作業に入ります。

専用の糊付け用の機械で新しい壁紙に、必要な長さの分だけ接着剤を付けて張っていきます。

壁紙と言いますのは幅が約90cmが基本となっており、横につなぎながら施工していくのですが、どこが繋ぎ目か分からない程、綺麗に切られておりまさしく職人技かと思います。

素早く張られ、余分な部分は切り取り、角の部分は専用のシーリング材で埋めて仕上げます。

角の部分は壁紙の切り口ですので剥がれやすい部分ですので、専用のシーリング材で角を固定してやる事で剥がれを止める事が出来ます。

施工後

マンション壁の施工後

マンションのアクセント壁紙の施工後

無事に施工が完了致しました。

今回お選び頂いた、アクセント壁紙は「サンゲツSP」シリーズよりお選び頂きました。

グレーを基調とした重厚感あふれる壁紙となっております。

和室ながら引き締まった雰囲気となり、お施主様にもお喜び頂き大変嬉しく思います。

お問い合わせ

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 
オンライン相談のご予約はコチラ