長崎市でH様の賃貸アパートのトイレの床シートリフォーム

長崎でトイレの床の張替えリフォームはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「賃貸アパートのトイレの床をクッションシートに張り替えるリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

長崎市賃貸アパートのトイレ床リフォーム前

こちらが施工前の状況となります。

施工前のトイレの床の状態としましては、水に強くクッション性の良いクッションシートが張られております。

今回のお施主様からのご相談内容としましては、賃貸アパートの退去後の現状回復リフォームになります。

トイレの床の状態としましては、経年劣化による汚れや黄ばみ等が出ており清掃では落とせないシミなどがあるため、新しく入居者を募るにあたりトイレの床を綺麗にされたいとのご要望を頂きました。

早速、お施主様とトイレのクッションシートの色や柄選びを行わせて頂き、使用するクッションシートが決まり、施工に入らせて頂きます。

施工中

長崎市賃貸アパートのトイレの床リフォームの施工中

早速、トイレの床リフォームの施工に入らせて頂きました。

まずは床を張り替えるにあたり、洋式トイレ器具の取り外しを行わせて頂きトイレ器具で隠れる部分もしっかりとクッションシートを張っていきます。

洋式トイレ器具を取り外し、排水管にゴミが入らないように処理を施し、既存のクッションシートの剥ぎ取り作業を行います。

この際に下地の合板の表面の状態確認を行います。

下地の合板が劣化していると、クッションシートを剥ぎ取る際にクッションシートに合板も一緒にくっついたまま剥がれ、合板の表面がボコボコになる事がございます。

下地の合板がボコボコになってしまいますと、合板にクッションシートを施工した際にクッションシートの表面に凹凸がそのまま出てしまい、仕上がりがおかしくなってしまうため下地の合板が劣化している場合には下地の合板を張り替えてからクッションシートを施工する事で、仕上がりの綺麗さや耐久性を格段に上げることが可能です。

今回のトイレの床のリフォームの場合は、下地の合板に目立った劣化は見受けられず、状態としては悪くないため既存の合板に新しいクッションシートの施工していきます。

下地の合板に残った、小さな既存のクッションシートはヘラなどで綺麗にこさぎ取る必要があります。

これらを見過ごしてしまうと新しいクッションシートに凹凸が出来てしまいます。

下地合板の下地処理が完了した後に、専用の接着剤を使用して新しいクッションシートを施工していきます。

新しいクッションシートの接着性を上げるために専用のローラーでしっかりと転圧を行います。

施工後

長崎市賃貸アパートのトイレの床リフォームの施工後

賃貸アパートのトイレの床リフォームが完了しました。

今回のクッションシートは「サンゲツ Hフロア」よりお選び頂きました。

レトロなタイル調のシートが、心を落ち着かせてくれる風合いとなっております。

お施主様にもお喜び頂き、大変嬉しく思います。

お問い合わせ
※ご相談やお見積りで料金が発生する事はもちろんございません。また、しつこいお電話・強引な営業は一切行っておりませんので安心してお問い合わせください。
お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。
オンライン相談のご予約はコチラ