長崎市でE様の和室の壁紙張替えリフォーム

長崎で和室壁紙張替えはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「和室の壁紙張替えリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

和室の壁紙張替えの施工前

こちらが施工前の状況となります。

経年劣化によるシミや角部屋という事があり、日当たりが良いため太陽光による日焼けなどが出ております。

そこで今回は、壁紙の張替えをご提案させて頂きました。

早速、壁紙のご説明・壁紙の色や柄などのお打ち合わせを行わせて頂き施工に入らせて頂きます。

施工中

和室の壁紙リフォームの施工中

早速、施工に入らせて頂きました。

まずは既存の壁紙を剥ぎ取る作業から入らせて頂きます。

この剥ぎ取り作業も単純に剥ぎ取れば良いという事ではなく、カッターを使用しながら剥ぎ取り作業を行うのですが、あまり深くカッターの刃を入れすぎますと壁の下地に切れ込みが入ってしまい新しい壁紙を張った際に接着剤の水分により切れ込みが開いてしまい、新しい壁紙の仕上がりに影響を及ぼしてしまうため、カッターの刃は力を入れすぎず切れ込みを入れるのがコツです。

既存の壁紙の剥ぎ取りが完了した後に、壁下地の段差などを「パテ材」を使用して壁面全体を平滑に綺麗に仕上げていきます。

壁面の下地をきれいに仕上げる事が、壁紙施工の際は非常に重要となります。

壁の下地処理をいい加減に行うと、新しい壁紙を張った際に段差や凹凸がそのまま表面に出てしまい仕上がりがイマイチとなってしまうためです。

そのため職人の技術と見極めで丁寧に素早く、壁の下地がきれいに仕上げられていきます。

和室の壁紙リフォームの施工中

壁の下地処理が完了し「パテ材」が乾燥した事を確認してから新しい壁紙の施工に入ります。

壁紙材というのは幅が約90cmの物で長さを必要な分だけカットし、そこに壁紙の専用の接着剤を専用の機械で塗布した壁紙を施工していきます。

角や隅になっている部分も丁寧に仕上げられていきます。

壁紙同士の繋ぎ目も定規を当てて、真っすぐに正確にカットしていきます。

繋ぎ目がどこにあるのか分からない程、正確に切られており職人さんの技術によるものだと見て取れます。

お部屋の角や隅に当たる場所は1mm程の隙間が出来るため、専用のシール材を使用して埋めていきます。

これで隙間なく、壁全体が綺麗に仕上がります。

施工後

和室の壁紙張替えリフォームの施工後

無事に施工が完了致しました。

今回、施工に使用させて頂いた壁紙材は「サンゲツSP」というシリーズよりお選び頂きました。

和柄の真っ白ではなく少し黄色が入っており、また和柄というのは和紙柄をモチーフにしておりますので、今回の和室のリフォームにて、重厚感もありながら落ち着きのある和室へと生まれ変わりました。

お施主様にもお喜び頂き、大変嬉しく思います。

お問い合わせ

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 
オンライン相談のご予約はコチラ