長崎市でA様のマンションの壁をアクセントクロスにするリフォーム

長崎でマンションのアクセントクロスリフォームはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「リビングダイニングの壁をアクセントクロスにするリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

マンション壁のリフォーム前

こちらが施工前の状況となります。

今回のお施主様からのご相談内容としましては、マンションをご購入され引っ越しの前にダイニングの壁にアクセントクロスを施工し、インテリアの楽しめる空間にされたいとのご相談を頂きました。

早速、お施主様と現地調査を行わせて頂きました所、確かにマンションですのでシンプルな壁紙が天井と壁に統一で張られており確かに少し寂しい印象を受けます。

現地調査が完了し、お施主様と共にアクセントクロスをどの柄で施工するかのお打ち合わせを綿密に行わせて頂き、柄が決まりましたらアクセントクロスを注文し施工に入っていきます。

施工中

壁紙の剥ぎ取り中

施工させて頂く、アクセントクロスが決まり施工に入らせて頂きました。

まずは既に張られている壁紙の剥ぎ取り作業から入らせて頂きました。

カッターを使用して、周囲に切り込みを入れ下地の裏紙まで切らないようにクロスを切り込みながら、元々の壁紙を剥ぎ取っていきます。

この剥ぎ取り作業時に、壁に深くカッターを入れてしまいますと裏紙まで切れてしまい、新しいアクセントクロスを張った際にクロス接着剤の水気の影響で切り込んだ部分から裏紙が浮いてしまうため、新しいクロスを張った際に浮きが出る可能性があるため、仕上がりに影響が出るため、剥ぎ取り作業も慎重に行う必要性がございます。

アクセントクロス張り中

剥ぎ取りが無事に完了し、剥ぎとった後の壁の段差の状況等を確認し、必要に応じて段差を埋める「パテ処理」を行い壁の下地を平滑に仕上げる必要性がございます。

このパテ処理を適当に施工してしまいますと、新しい壁紙を張った際に段差や筋が壁紙に出てしまうため仕上がりに影響を及ぼしてしまいます。

そのため今回のような「張替えリフォーム」の場合は、基本的に「パテ処理」は行いますが生地の薄いクロスよりも厚手のクロスをお選び頂く事をおすすめいたします。

厚手のクロスは多少の段差等が表面に出てこないため、仕上がりがとても綺麗に仕上がります。

施工後

アクセントクロスの施工後

石目調クロスの施工後

無事に施工が完了いたしました。

今回、施工させて頂いたアクセントクロスは「リリカラ Vウォール」よりお選び頂きました。

ツヤの無い、マットな風合いの石目タイル調のアクセントクロスで、上質で重厚感あるリビングダイニングへと変わりました。

お施主様にもお喜び頂き、大変嬉しく思います。

お問い合わせ
※ご相談やお見積りで料金が発生する事はもちろんございません。また、しつこいお電話・強引な営業は一切行っておりませんので安心してお問い合わせください。
お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。
オンライン相談のご予約はコチラ