長崎市で店舗の壁紙張替えデザインリフォーム

店舗アクセント壁紙

こんにちは。

長崎壁紙(クロス)張替え職人

代表の松下です。

 

長崎はだいぶ天気も落ち着き

暑くなったり、寒くなったりの毎日ですが

皆さんも体調崩されないよう

元気に笑顔で毎日を楽しんでいきましょう!

 

何事もワクワクしたり楽しいことを考えると

凄く仕事もはかどりますし

大変な事もありますが、笑顔が何よりです!

 

それでは本日ご紹介させて頂きますのは

「店舗のデザイン

壁紙張替えリフォーム」になります。

 

現場は長崎市銅座町になります。

 

今回のご依頼内容としましては

基本的には壁紙の張替えになるのですが

店舗形態としては「バー」になりますので

ワイングラスやボトルキープを置く棚に

間接照明を導入し

おしゃれでかっこいい棚にされたいとの事でした。

 

施工前

こちらがその棚の施工前の状況になります。

必要の無い扉は撤去し、

またカラオケのテレビ画面が棚の中央に設置するため

棚の造作工事も行わせて頂きます。

この棚がどう生まれ変わるか楽しみですね!

 

施工中

こちらがメインの

飲食スペースの施工中の状況になります。

 

既存の壁紙を剥ぎ取り、下地の段差や凹凸を無くすために

「パテ材」を塗っているところです。

 

この下地処理をいかに丁寧に行うかで

新しい壁紙の耐久性

仕上がりの綺麗さが格段に上がります。

 

何事もですが、目に見えない部分にこそ

プロの手技による技術が隠されていると思います。

お客様にお喜び頂く事こそが重要な点になります。

 

施工後

こちらが飲食スペースの施工後になります。

 

壁全体を黒でまとめ、「重厚感とはまさに」

といった感じで、どっしりとした

バーならではの高級感あふれる

空間へと変わっております。

 

また無地の黒ではなく

レザー調の柄が入った

クロスを使用する事で

更に雰囲気を作り出してくれております。

 

今回、使用させて頂いた壁紙は

「サンゲツ ファイン」

シリーズになります。

 

店舗の棚のお洒落なアクセント壁紙

 

店舗アクセント壁紙

店舗棚に間接照明

こちらがキープ棚の施工後になります。

 

どうでしょうこの重厚感。

ここにボトルやワイングラスを並べた時の

雰囲気は抜群かと思われます。

 

まず背面の壁紙には

銀色と黒が混ざった

木目調の壁紙を使用し

それを間接照明で照らすことで

どなたが見られても

「すごい!」と仰って頂けるような

キープ棚になっているのではないかと思います。

 

また今回、新設させて頂いた間接照明は

調光機能がついておりますので

その日のボトルや、お店の雰囲気に合わせて

照明の明るさを調節して頂く事で

常に雰囲気を作り出すことが可能です。

 

我ながらにはなりますが

こういったアクセントクロスと

間接照明の融合には

とてつもない破壊力が

あるのではないかと思っております。

 

この両者が混ざり合う事で

想像以上の雰囲気を醸し出してくれております。

 

また今回の壁紙はお施主様のイメージを参考に

実際のイメージや構想をお聞きしながら

クロス決めを行わせて頂きました。

 

またお施主様にも大変お喜び頂き

大変嬉しく思います。

 

綺麗になったバーで

みなさまにとって

雰囲気と美味しいお酒と

よりよい楽しい時間を過ごして頂けると

我々も大変ありがたく思います。

 

では本日はこのあたりで失礼致します。

長崎壁紙(クロス)張替え職人へのお問い合わせ
長崎壁紙(クロス)張替え職人は長崎県長崎市・大村市・諫早市・西彼杵郡(時津町・長与町)・西海市・佐世保市・島原市・雲仙市・南島原市を対応エリアとしてクロスの張替えをお客様との信頼関係を大切にを高品質・低価格でおこなっております。