長崎市でトイレ壁紙の(クロス)張替えリフォーム

長崎でトイレの壁紙張替えはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「トイレの壁紙張替えリフォーム」をご紹介させて頂きます。

今回のお施主様からのご相談内容としまして

・経年劣化により破れや浮きが気になる。

・綺麗な壁紙で清潔な空間にしたい。

・トイレのイメージを変えたい。

以上のご相談内容となります。

そこで早速、お施主様とカタログを見ながら壁紙をどれにするか柄・色等、綿密なお打合せを行わせて頂きました。

やはりカタログでは完成イメージが想像しにくいため、たくさんの事を考慮しながらご説明させて頂きました。

今回は天井・壁の壁紙(クロス)張替えを施工させて頂きます。

施工前

施工前の状況になるのですが汚れや角の壁紙のシワも目立ってきておりますね。

なぜ角でシワ になるかと言いますと、この当時の施工は角も壁紙を繋げたまま張っているため、接着剤が乾くことで両方向に引っ張ってしまい角がシワになってしまいます。

それを防ぐために現在の施工方法は角で切り離し、隙間を専用の「目地シール材」で埋めるという施工方法が主流となっております。

早速、施工に入らせて頂くにあたり今回はトイレの壁紙の張替えですので便器を一度取り外してから施工に入ります。

施工中

既存の壁紙の剥ぎ取りが完了した状況になります。

天井の照明器具換気扇のカバーも取り外します。

今回の壁下地は石膏ボードになります。

既存の壁紙を剥がした際に傷めてしまった石膏ボードは必要に応じて補修を行います。

綺麗に仕上げるためには、何事も下地処理が肝心になります。

天井を先に施工を行い壁のクロス張りに入ります。

先ほどの「目地シール材」で角しっかり埋めながら施工します。

施工後

長崎壁紙張替え""

長崎クロス張替え""

無事に施工が完了致しました。

今回使用させて頂きました壁紙は「サンゲツSPシリーズ」になります。

色・柄豊富で価格もリーズナブルに沢山の種類がございます。

また今回の壁紙の張替えのポイントとしまして「厚みのある壁紙が良い」という事をお施主様にも
ご説明させて頂きました。

厚みのある壁紙と言いますのは柄が大きく表面がゴツゴツしているものを言います。

どうしても壁紙の張替えと言いますのは、壁下地を既存のまま使用しますので多少の不陸や段差が出来ております。

もちろん最大限、平たんにするための補修は行います。

その不陸を目立たないようにするためにも張替えの際は、厚みのある壁紙をご提案させて頂いております。

白の壁が清潔感を出しており、やはりトイレ自体が明るくなりました。

お施主様にも大変お喜び頂き非常にありがたく思います。

やはり毎日使うトイレだからこそ綺麗になると、より一層落ち着ける空間になりますね。

今回の施工の流れをまとめますと

①トイレ器具取り外し

②既存クロス剥ぎ取り

③壁下地補修

④天井・壁 壁紙施工

⑤トイレ器具復旧

以上の流れになります。

施工期間は1日になります。

お手頃に短工期で雰囲気を変える事が出来るのが、壁紙張替えの良いところですよね。

私も施工後の雰囲気が変わるのがやはり楽しいですね。

気持ちが明るくなります。

では本日はこのあたりで失礼致します。

お問い合わせ

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 
オンライン相談のご予約はコチラ