雲仙市で歯科医院のリフォーム壁紙(クロス)張替え

長崎で病院の壁紙張替えはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は雲仙市にて施工させて頂きました「歯科医院の壁紙張替えリフォーム」をご紹介させて頂きます。

早速、お施主様とクロスの柄決めから下地の状況まで綿密なお打合せをさせて頂きました。

歯科医院様という事で清潔感溢れる空間作りを、ご提案させて頂き施工に入らせて頂きました。

施工前

こちらが施工前と施工中の診察室の状況になります。

下地の石膏ボードが傷んでいる箇所は修繕を行い「パテ」と言います穴埋め材で、不陸を直し壁が平たんになるよう仕上げます。

こちらが診察室の施工前の状況になります。

経年劣化による傷跡やソファーを置いていた、場所と置いてない場所との色褪せも目立っておりますね。

完成が楽しみですね。

施工の流れとしましては

・内部養生(施工場所の器具類や床の保護)

・既存クロスの剥ぎ取り

・壁、天井の下地処理

・新しい壁紙張り

以上のような施工の流れになります。

施工後

診察室の施工が完了致しました。

今回、使用させて頂きました材料は「PC-734」になります。

準不燃壁紙で防カビ成分が入っており長年に渡って清潔な空間を保って頂けますので病院に限らずどのような場所にもオススメ致しております。

また壁と床との境目に「ソフト巾木」と言いまして壁と床とを仕切るための茶色の帯が見えております。

今回の施工でソフト巾木も新しい物に張替えを行いましたので壁紙が新しくなったことで、白と茶色のアクセントがはっきりと目立ち、引き締まった印象を与えてくれています。

また白を基調とした壁紙ですので広く見える効果も出ており、更に清潔感溢れる空間作りに力を存分に発揮してくれていますね。

こちらが待合室の施工後になります。

入口を入った瞬間から広がる明るく、清潔感漂う空間は訪れる人に、安心感を与えてくれる仕上がりとなっております。

施工前にありました、傷や日焼けの後ももちろん無くなり、とても居心地のよい待合室へと変わりました。

今回、無事に施工を完了する事が出来ました。

施工期間としまして2日間の日程で完了する事が出来ました。

またお施主様にも大変ご協力頂きまして誠にありがとうございました。

今後ともアフターメンテナンスも含めて宜しくお願い致します。

では本日はこのあたりで失礼致します!

お問い合わせ

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 
オンライン相談のご予約はコチラ