長崎市でリビングのお洒落なアクセント壁紙(クロス)

長崎でリビングの壁紙張替えはお任せ下さい!
長崎壁紙張替え職人の松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「リビングの壁紙張替えリフォーム」をご紹介させて頂きます。

まず今回のお施主様のお悩みとしまして

・経年劣化による壁紙の浮きや剥がれが目立つ

・傷や破れが気になる

・リビングの雰囲気を変えたい

以上のお話を聞かせて頂き、今回はリビングの天井クロス・壁クロスの張替えと一部の壁にはアクセント壁紙の施工を、ご提案させて頂きました。

施工前

施工前の状況になります。

天井のクロスの浮き、剥がれが目立っております。

今回の現場はマンションのため、天井のクロスをコンクリートに直張りされております。

コンクリートに施工されている下地処理が弱くなり、既存の壁紙との接着性が弱くなったために、剥がれ落ちてきている物と思われます。

そのため、今回の施工で既存の壁紙の剥ぎ取り後に、天井の下地処理を再度、施す必要がございます。

下地処理は、シーラーといいます壁紙の接着剤との接着を、強くするための下地処理剤を塗布し新しい壁紙を施工していきます。

また浮きや剥がれを防ぐために、めくれやすいクロスの継ぎ目の補強を行うことで、長年での浮きや剥がれを防ぐ事が可能になります。

壁に関しては石膏ボードになります。

剥ぎ取りを行い不陸や段差をパテと言います、専用の穴埋め材で平滑に仕上げていきます。

施工中

天井クロスの剥ぎ取りを行い下地シーラー処理を終えた後の状況になります。

灰色の部分がコンクリートの部分になりますので、重点的にしっかりとシーラーを塗布していきます。

アクセント壁紙を施工する面の壁になります。

仕上がりが楽しみですね。

施工後

こちらがリビングの天井・壁の施工後になります。

天井にはアイボリー色の壁紙(クロス)を施工し、壁には白を基調としたタイル調の壁紙を施工させて頂きました。

メインの壁を白としたことでアクセント壁紙がより、映えるようにご提案させて頂きました。

またリビングの雰囲気が明るくなり、清潔感溢れる空間へと変わりました。

白ですので視覚的に、リビングが全体的に広く見えますね。

次にアクセント壁紙の施工後になります。

長崎,壁紙""

アクセントクロス""

こちらがアクセント壁紙(クロス)の施工後の状況になります。

メインの白い壁の中にブラウンを基調とした、縦目のストライプ調の壁紙を施工させて頂きました。

お施主様と一緒に決めさせて頂いた柄になりますが、とても落ち着きのある空間を醸し出してくれております。

慌ただしい毎日の中で、この特別な空間でのホッと一息つける空間になってくれたら私も大変嬉しく思います。

お施主様もなかなか仕上がりのイメージがつかず壁紙選びに苦労されておりましたが、私も一緒にどういう雰囲気が良いかいかに落ち着ける空間を作るか。

悩み、じっくりとお話をさせて頂きながら決めさせて頂きました。

仕上がりをお施主様と確認を行い、「これでよかったですね」と言ってもらえた時に本当に嬉しく、ありがたく思います。

お施主様には家具の移動から片付け・清掃まで大変な中に誠にお世話になりまして心より感謝申し上げます。

また今後とも何卒よろしくお願い致します。

では本日はこのあたりで失礼致します。

お問い合わせ

【新型コロナウイルス対策について】
長崎壁紙張替え職人では、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。
今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎壁紙(クロス)張替え職人!では、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。
お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になることは何でもご相談ください。 
オンライン相談のご予約はコチラ